注目キーワード  樹木葬  永代供養

埼玉県本庄市の自然葬・樹木葬

自然葬 樹木葬

近年、少子化や親世代と子世代が別居する確率が増えたことで、お墓やお葬式のスタイルが少しずつ変化しています。また、その変化に伴ってお墓やお葬式に対する考え方も変化してきています。その中でも多くの皆さまがお選びになっているのが自然葬・樹木葬です。

埼玉県本庄市で人気の樹木葬である埼玉厄除開運大師が管理する熊谷深谷霊園の樹木葬は、個別にお入りいただけるタイプと合祀の2種類があります。

個別にお入りいただける樹木葬は、他の方とご遺骨が一緒になることはありません。

埼玉厄除け開運大師・龍泉寺が御守りする樹木葬「永遠なる緑」

ご夫婦やご家族だけで入れる個別型の樹木葬をお探しの方におすすめです。

公式ホームページはこちら


自然葬の思い…自然に還る

そもそもお墓というフレーズを聞いたときに、従来の石のお墓を想像する方が多いと思いますが、近年は「自然に還りたい」「緑に囲まれて眠りたい」などの思いをお持ちになられる方も増えたことで様々なタイプのお墓が増えてきました。

その中でも自然葬といったお墓を選択される方が年々増えてきています。


埼玉厄除開運大師が御守りする熊谷深谷霊園の永代供養墓・樹木葬・納骨堂

境内前の観音様が見守る好立地。日当たりもよく、広々設計ですので皆さまからご好評いただいております。

埼玉厄除け開運大師が永代に渡ってお守りします。

自然葬とは

自然葬とは、故人様のご遺骨を従来のような墓地に埋葬するのではなく、自然の中に還すという形の葬送です。なので自然葬と一言で言いましても、樹木葬だけではなく、海への散骨や、風葬など様々な自然に還る形の葬送をまとめて自然葬と呼びます。まずは自然葬の中でもよく知られている樹木葬から解説します。

樹木葬

自然葬の代表的なものが樹木葬です。古くは、里山型のものがありましたが、墓標や墓誌がないことから、どこにむかってお参りをすればよいのか分からない。という意見も多くございました。

都市型の樹木葬

そこから新しいお墓の形として都市型の樹木葬が誕生しました。これは、山の中でなく、寺院や霊園の中に樹木葬のお墓を作りそこに埋葬するというお墓です。この樹木葬は、山の中でないので、お墓参りをする後継者の皆さまやご高齢の方にも負担をかけずに済み、常に整備された環境なので、この都市型の樹木葬をお選びになる方が増えています。都市型の樹木葬は、50万円から、高いもので150万円ほどとなっております。墓誌やプレートの大きさやおはいりになれる人数によっても異なりますので確認しましょう。

海洋散骨

海への散骨も自然葬の一つです。もともと故人様が海がお好きであったり、生前から海への散骨をご希望されていた場合はこの葬送方法になりますが、海洋散骨をお選びになる方は多くありません。なぜなら、お墓を持つということにこだわりがない方や、船の手配や法律で定められているルールなどを確認する必要があるからです。

粉骨について

また、海洋散骨をするためには故人様のご遺骨を粉骨しなければなりませんので、その点においても十分に考える必要があります。海洋散骨の費用は20万円から50万円ほどといわれております。

風葬とは

自然に還るという考え方として古くは風葬を行う国もありましたが、現状ではごくわずかとなっています。衛生的な理由など様々なことから少なくなったといわれています。野原や草原などにご遺体を置き葬送するというのが風葬の形です。

土に埋葬しない

土に埋葬しないというところが風葬の特徴です。日本ではあまり聞きなれない葬送のスタイルですが、世界には様々な葬送の形があります。

鳥葬とは

次に鳥葬です。鳥葬は、モンゴル地方やチベットの葬送の形で、現在も行われています。

供養のについての考え方

鳥葬を行う方々の考え方として、人が亡くなったら他の生物にその肉体を与えることが最善の供養である。というものがあります。

野葬とは

江戸時代の前期頃までは野葬という葬送方法もありました。これは先ほど解説した鳥葬に近く、他の生物に肉体を与えるという葬送の仕方です。

その他の自然葬とは

その他にも、自然に還るといった考え方から、バルーン葬や宇宙葬など様々な葬送のかたちがあります。

まとめ

様々な葬送の方法がありますが、故人様のご意向、ご親族様の思いをよく話し合ったうえで後悔のないお墓選びをなさってください。


埼玉厄除け開運大師・龍泉寺
埼玉厄除け開運大師・龍泉寺
熊谷深谷霊園
埼玉永代供養墓・納骨堂・樹木葬