お墓の引っ越し(墓じまい・改葬)

お墓の引っ越し、墓じまい、改葬とは

お骨を新しいお墓に移動して供養します。

他の霊園や寺にあるお墓を解体し熊谷深谷霊園にお骨を移動します。後継ぎがいなくなってしまうお墓や、古くなったお墓、遠方にあるお墓、管理できなくなったお墓を撤去して、ご遺骨を新しい場所で供養します。


墓じまい、改葬(かいそう)は、このような方へおすすめです。

跡継ぎ、後継者がいない

  • お墓の後継者がいなくなってしまう為、先祖の遺骨を永代供養墓に移したい

跡継ぎ、後継者、子どもに迷惑をかけたくない

  • 子供に負担を掛けたくないので、先祖のお骨を永代供養墓・納骨堂に移したい。

お墓が遠い

  • お墓が遠くにあり、お参りが大変なので近場にお墓を移したい。
  • 子供がみんな遠くに行ってしまい、お墓が守れない。

墓じまい、葬の価格

お墓のお引越し、墓じまい、改葬にかかる価格

1㎡

墓じまい、改葬の流れ

1.新しい供養先(納骨をするお墓)の確保

墓じまいはお墓を撤去してしまいますので、今までのお墓は無くなってしまいます。ですから、今までのお墓を撤去する前に、永代供養墓や新しいお墓など、お骨の新たな受け入れ先を確保しておくことが重要です。

永代供養墓 優雅 

2.現在の墓地を確認する。

墓地の管理者は誰なのか。お骨はいくつ納骨しているのか。お墓の面積はどのくらいか。などの点について確認しましょう。

3.墓じまい、改葬の見積もりをとる。墓じまい、改葬にかかる総額を確認する。

お墓の改葬、墓じまいの費用と、新しい供養先にかかる費用などの全体の費用、価格を把握しましょう。

4.墓じまい、改葬に必要な各種手続きをする。

お墓がある市区町村に改装許可申請書、受入証明書、埋蔵証明書を提出し、改装許可証を発行してもらいます。今までのお墓を解体するために、お寺の住職に閉眼供養(魂抜き)の申し込みをしましょう。

5.墓じまい、改装を行う為、古いお墓を解体する。

お見積りに納得いただき、各種手続きが完了したら閉眼供養の後、お墓の解体工事に入ります。

お墓の解体

6.新しい供養先にお骨を移動する。

前もって決めておいた供養先(永代供養墓や新しいお墓)へお骨を移動し納骨します。

永代供養墓 

墓じまいは既存の墓地の場所や大きさ、石材運搬車が入る作業現場かどうかなどの条件によって料金が異なってまいります。ですから、専門スタッフが現地まで赴き、正確な見積もりを取らせていただきます。まずはお気軽にご相談ください。


墓じまい、改葬にかかる費用

  • お墓の写真や大体の大きさが分かればお見積もりを出すこともできます。 (正確なお見積もりは現地確認が必要です。)

墓じまい、お墓の引っ越し、改葬に必要な各種書類

受入証明書(うけいれしょうめいしょ)

新しく納骨するお墓の書類が必要です。この受入証明書は、引っ越し先の霊園や墓地を管理している寺院や霊園に発行してもらいましょう。受入証明書の形態、書式は各寺院や霊園によって様々ですが、内容はほぼ同じとなっています。
書類で必ず必要となる事項は、以下の通りです。必要な事項が記載されているか確認しましょう。

  • 改葬を申請者の名前・住所・捺印
  • 故人様の名前・本籍地・住所
  • 改葬元(移転元)の名称及び住所
  • 申請書の発行年月日

埋葬証明書(まいそうしょうめいしょ)

現在のお墓がある墓地の埋葬証明書(納骨証明書)です。各寺院や各霊園によって書式や形態は異なりますが、こちらの書類も書いてあることはほぼ同じとなっています。この書類は、今から墓じまい、改葬を行う墓地、霊園を管理している寺院や霊園に発行してください。
先ほどの受入証明書と同様に必要な事項があるので、埋葬証明書に以下の内容が記載されているか確認してください。

  • 墓地使用者の署名及び、捺印
  • 墓地管理者の署名及び、捺印
  • 故人様の名前
  • 埋葬証明書の発行年

改葬許可申請書(許可書)

市役所や市役所のホームページより、改装許可申請書をもらいます。 改葬許可申請書に記入・押印のうえ、市役所の受付窓口に提出してください。

熊谷市の改装許可申請書(許可書)について

熊谷市の場合は、3名以上の改葬を申請する場合は、改葬許可書だけでなく、別紙にも記入したうえ、申請をしましょう。

許可書や、別紙の書き方については、熊谷市のホームページに改葬許可申請書の書き方が分かりやすく載っておりますので参照してください。

改葬承諾書

受け入れ証明書、埋葬証明書、改葬許可申請書の他に、改葬承諾書が必要になるケースもあります。これは各寺院やお骨を受け入れる寺院によって異なりますので、各寺院に尋ね、確認しましょう。


墓じまい、改葬のお見積り、ご相談

  • お見積り・ご相談は無料です。
    (遠距離になる場合、交通費等の追加料金が発生する場合があります。)

墓じまい、お墓の引っ越し、改葬の服装

墓じまい、お墓の引っ越し、改葬の際には閉眼供養を行います。したがって、服装は喪服が好ましいとされています。参加者の人数や喪主様の考え方によって変わりますが、喪服を着用されることをおすすめします。


永代供養墓

墓じまい、改葬の後は

墓じまい、改葬のあとは永代供養墓を選ばれる方が多いです。

埼玉厄除け開運大師・龍泉寺では、個別のマンションタイプの永代供養墓、永代供養付きの樹木葬、永代供養付きの一般墓、合祀タイプの永代供養付き納骨堂と様々なお墓のプランをご用意しております。

永代供養付きのマンションタイプのお墓、納骨堂について詳しく見る。


永代供養付き樹木葬について詳しく見る。